青森県八戸市のYSアリーナ八戸で3日間行われた全日本スピードスケート距離別選手権が27日、閉幕した。女子500メートルで5年連続10度目の優勝を果たした平昌五輪金メダリストの小平奈緒は、大会を振り返り「オリンピック熱が冷めていないという会場の雰囲気の中で、レースができたのは本当に幸せだった」と笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>