スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は27日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大助手)が1分56秒32で4連覇を果たした。3年連続で1000メートル、3000メートルを合わせた3種目を制覇した。

  ...    
<記事全文を読む>