スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は26日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で行われ、男子1000メートルは新浜立也(高崎健大職)が1分9秒63で初制覇し、25日の500メートルとの2冠を達成した。男子マススタートはウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が優勝し、土屋良輔(メモリード、嬬恋高出身)が3位に入った。

 女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分15秒24で3連覇を果たし、小平奈緒(相沢病院)が0秒63差で2位だった。小野寺優奈(高崎健大)が1分18秒86で8位。女子マススタートは小山香月(日本電産サンキョー)が優勝し、滝上つくし(高崎...    
<記事全文を読む>