自転車ロードの国際レース「2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が27日、さいたま市のさいたま新都心駅周辺で開かれる。開催を翌日に控えた26日に前日イベントが市内で行われ、世界中から集まった一流選手たちはファンとの交流を楽しんだ。

 選手と出場チーム紹介では、国内外のトップ選手やパラ選手など71人が登場。大会2連覇を狙うアレハンドロ・バルベルデ選手(スペイン)や、今年のフランス本大会で初の総合優勝に輝いたエガン・ベルナル選手(コロンビア)が登場すると、集まったファンから大歓声が上がった。ベルナル選手は「皆さんと楽しみたい」と抱負を語った。

 アマチュ...    
<記事全文を読む>