【東京=越谷奈都美、和泉皓也】第96回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝、来年1月2、3日)の出場権10枠を懸けた予選会が26日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までのハーフマラソン(21.0975キロ)で行われ、群馬県の上武大が11時間0分16秒の13位で、11年続いた本大会出場は途切れた。

 群馬県勢は上武大のほか、初出場の育英大が11時間49分54秒で30位、高崎経大は途中棄権者が出て記録なし。

【上武大個人成績】
(1) 岩崎大洋 1時間3分52秒(全体12位)
(2) 坂本貫登 1時間4分0秒(全体...    
<記事全文を読む>