25メートルプールで争う競泳の日本短水路選手権は26日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子100メートル平泳ぎ決勝で小関也朱篤(やすひろ)(ミキハウス・羽黒高出)が自身の持つ短水路日本記録を0秒02上回る56秒11をマークして優勝した。小関はスタート直後に左足裏をつりながらも2位の渡辺一平(トヨタ自動車)に1秒以上の差を付けて快勝した。

...    
<記事全文を読む>