開催中のラグビーW杯2019で、静岡会場(エコパスタジアム)で行われた四試合で選手入場時に太鼓演奏を披露した富士市の奏者と団体が二十五日、市役所を訪れ、活動報告を行った。

 訪れたのは、市内に拠点を置いて活動するプロ奏者・和迦(わか)さんと、市民らでつくる団体「富士山第六天太鼓」の六人。和迦さんは市内に拠点の一つを置くプロ集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」の一員で、フリー奏者でもある。

 開幕セレモニーでの演奏を鬼太鼓座が手掛けた縁で今回、静岡会場での演奏を依頼された。会場が広く、一人では手に余ることから、地域でともに活動することも多い第六天太鼓を推薦、共演が実現し...    
<記事全文を読む>