【新冠】町出身の大学1年生、荒井三冬さん(19)=兵庫県西宮市=が、十勝管内鹿追町で開かれた乗馬の長距離耐久レース「全日本エンデュランス馬術大会」(日本馬術連盟主催)の選手権競技(120キロ)で3連覇を果たした。馬にどれほど負担をかけずにゴールできたかを評価する「ベストコンディション賞」も受賞。小学6年から騎乗する愛馬キセキノヒカリ(牝12歳)とつかんだ栄冠で、荒井さんは喜びをかみしめている。

 荒井さんは、獣医師の母亜紀さん(51)が営む町内の乗馬施設で幼少時から馬と親しみ、小学校高学年から出場する各種馬術大会で優勝を重ねた。亜紀さんの出身地である大阪府の関西学院千里国際...    
<記事全文を読む>