野洲市の山仲善彰市長は二十四日の定例会見で、二〇二四年滋賀国体のラグビー競技会場を巡る三日月大造知事の発言に絡み、同市の希望が丘文化公園での受け入れ開催は不可能とする従来の方針に、変わりがないことを強調した。

 三日月知事は二十一日の定例会見で、本年度内に同市と合意形成を図って、会場問題を決着させたい考えを示した。これに対し山仲市長は、受け入れ拒否の方針を示した七月以降、県との間でこの問題を協議したことは「事務方レベルを含めて、一度もない」と説明。「話し合いが無い以上、市のスタンスは変えようがない」と述べた。

 同市では、卓球(全種別)とバスケットボール(成年女...    
<記事全文を読む>