卓球の後期日本リーグ女子1部のホームマッチが23日、プラザちゅうたいで行われ、前期優勝の十六銀行はエクセディに3-2で逆転勝ちし、白星スタートを切った。ホームマッチでの勝利は4期連続。

 十六銀行は第2シングルスの新人徳永美子が3―2で競り勝ちタイとした。ダブルスで競り負けたが、第3、4シングルスで加藤杏華(県岐阜商高出)と山本怜が連勝し、3―2で競り勝った。

 次戦は25日、ウイングアリーナ刈谷で豊田自動織機と対戦。本大会は30日からCNAアリーナ★あきたで行われる。

...    
<記事全文を読む>