鈴木直道知事は23日の記者会見で、来年夏の東京五輪の男女マラソンと競歩の札幌開催が決まった場合の開催経費について「(大会)組織委や東京都が負担するものだ」と述べ、道や札幌市など地元では原則として負担しない考えを強調した。

 五輪開催経費を巡っては2年前、東京都外で実施する競技も組織委や国、都などが費用負担することになった。知事はこの経緯を踏まえ「札幌開催でもルールに基づき経費負担をすると確認する必要がある」と述べた。

 東京都の小池百合子知事がマラソンや競歩を「北方領土でやったらどうか」と発言したことに対し、鈴木知事は「元島民の方々のことを思うと非常に残念」と批...    
<記事全文を読む>