札幌開催が確実となった東京五輪のマラソンと競歩のコース選定を、札幌のイベント関係者が注視している。競技が行われる7、8月はビアガーデンや祭りが真っ盛りの時期。警備面などでの影響は免れず、主催者は「早く決まってほしい」とやきもきしている。

 「コースが発表されず、内心焦っている」。北3条広場を会場に盆踊りや縁日でにぎわう「さっぽろ八月祭」を主催する札幌駅前通地区活性化委員会の白鳥健志会長はこう話す。

 祭りは例年お盆前の金、土曜の2日間で、このままいけば来年は五輪と重なる。

...    
<記事全文を読む>