第2回全国U18女子セブンスラグビーフットボール大会(25~27日、埼玉県)に佐賀工高が九州代表として出場する。男子は花園常連校として知られる一方、女子も今年初めて7人制で単独チームが組めるようになった。8、9月に行われた九州予選で準優勝し、初めて挑む全国の舞台。主将の冨吉瑠那(3年)は「佐賀工として出るので責任とプライドを持って頑張りたい」と話す。

 鮮やかな緑の人工芝が張られた同校グラウンド。屈強な体格の男子部員に混じって、7人の女子部員もトレーニングに励む。安全面を考慮しつつ、ランニングやパス回しといった練習メニューは男子とともにこなす。

 県内にはこれま...    
<記事全文を読む>