柔道の東京五輪代表争いが熱を帯びている。早ければ11月のグランドスラム(GS)大阪大会で代表が内定する階級もある中、混戦の様相を呈しているのが男子81キロ級だ。2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は現在、大けがを乗り越えて国際大会3連勝中。同級生が活躍したラグビー日本代表の躍進も刺激に2度目の大舞台へ猛チャージをかける。

 10月17日、GSブラジリア大会で優勝した永瀬が羽田空港に降り立った。当初の帰国予定は11日だったが、大型の台風19号の影響で6日も遅れた。さすがに疲労は隠せない様子ながら、あくまでも前向きだ。「また世界を狙える位置にきていると思う...    
<記事全文を読む>