一九六四年東京五輪の聖火リレーで使われたトーチが、所沢市役所一階ホールで展示されている。当時の聖火ランナーを務め、トーチを所有する市内在住の浅田伸二さん(72)から借り受けた。二〇二〇年東京五輪の開会式がある同年七月までの予定。

 トーチは、ホルダー部分を含め全長約六十五センチ、重さ約一・一キロ。法政二高(川崎市)三年でテニス部員だった浅田さんは、神奈川県から指名され、県内最終走者として川崎市役所から多摩川の六郷橋を渡り、東京都に入るまでの約一・四キロを担当した。走破後、記念として使用したトーチを贈られたという。

 十日に所沢市役所を訪れた浅田さんは「鈴なりの人...    
<記事全文を読む>