2020年東京五輪・パラリンピックに向けた長井市のホストタウン対象国であるタンザニアから、長井マラソン出場のため同市に滞在中の陸上選手団が21日、長井南中を訪れ、生徒と共に給食を味わうなどして交流を深めた。

 陸上の往年の名選手ジュマ・イカンガーさん(62)と選手8人を含む選手団が体育館で歓迎会に臨み、全校生372人と交流した。生徒たちは「日本の気候はどうですか」などと質問。タンザニアの選手らは「日本ほど寒くならない」などと答え、記念撮影や生徒からの激励応援もあった。

 1、2年生の教室で給食の時間を共にし、最初は緊張気味だった生徒も徐々に慣...    
<記事全文を読む>