「感動をありがとう」。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝が行われた20日夜、浦安市のJ:COM浦安音楽ホールで、パブリックビューイング(PV)があった。日本は南アフリカに3-26で敗れたが、会場に駆けつけ声援を送った市民約280人は、初めて決勝トーナメントに進出した日本チームに「よく戦った」と拍手を送った。

 PVでは開場前の整理券配布が約30分で終了し、市民の関心の高さをうかがわせた。同音楽ホールでは約200インチの画面で試合が投影され、来場者には応援用のスティックバルーンが配られた。南アフリカチームは、市内でキャンプを行っている。

 日本はノ...    
<記事全文を読む>