ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを果たし、準々決勝で南アフリカに敗れた日本代表は21日、東京都内で会見した。リーチ・マイケル主将(東芝)らと共に、兵庫ゆかりの5選手が日本列島を熱狂させた快進撃を振り返った。

 「一言でいうと、最高」。フルバック山中亮平(神戸製鋼)は2011、15年のW杯を逃し、31歳で迎えた今大会に懸けてきた。開幕戦の途中出場で見せ場をつくり、アイルランド戦や南アフリカ戦など先発3試合を含む全5試合で果敢にプレー。「全試合に出られるなんて思っていなかった」とかみしめた。

 全試合フル出場のラファエレ・ティモシー(神戸製...    
<記事全文を読む>