ラグビーワールドカップ(W杯)で、小田原で事前キャンプを張ったオーストラリア代表「ワラビーズ」を応援するパブリック・ビューイング(PV)が19日、小田原駅地下街「ハルネ小田原」で行われた。ベスト4入りは果たせなかったが、市民らは死闘を繰り広げた黄色いジャージーに最後まで熱い声援を送った。

 対戦相手はラグビーの母国・イングランド。ワラビーズは先制するもトライを重ねられ、前半は9対17でリードを許す展開。後半開始早々にトライを挙げて1点差に迫るも、終盤はフォワード戦で圧倒され16対40で今大会を終えた。

 PV会場ではノーサイドの笛とともにため...    
<記事全文を読む>