筑豊ボクシングジム(田川市)が主催するプロボクシング大会「チャンピオンズロード」が11月24日、福智町伊方であり、同ジム所属の8選手が熱い戦いを繰り広げる。大会は3年前から糸田町で開かれてきたが、今年はメインイベントの試合に出場する久冨修平選手(23)の出身地で開催することにした。久冨選手は町役場を訪れ「地元でやるからには倒して勝つ」と抱負を語った。

 ミドル級の久冨選手は182センチ、80キロ。中学まで野球を続け、高校卒業後に興味があったボクシングを始めた。戦績は2勝1敗1分け。長いリーチを生かした右ストレートが武器で、WBAミドル級王者の村田諒太選手に憧れる。

<...    
<記事全文を読む>