高校の部 桜井は優勝、清岡3位
 レスリングの全日本女子オープン選手権が19、20日、静岡県焼津市体育館で行われ、シニアの部55キロ級で桜井つぐみ(高知南高)が優勝し、優秀選手にも選ばれた。このほか、県勢では高校生の部50キロ級で清岡もえ(高知南)が3位に入り、県関係では高校生の部47キロ級を桜井はなの(至学館=野市中出)が制した。
 
 シニアの部には高校生の希望者も出場でき、昨年大会で高校生の部を制した桜井つぐみは、初戦の2回戦で6月の全日本選抜大会53キロ級3位の田村(日体大)に5―0で判定勝ちすると、準決勝は同大会55キロ級3位の樋口(同)にもテクニ...    
<記事全文を読む>