23日からタイのバンコクで開かれるフェンシングU―23(23歳以下)アジア選手権大会に、秋田県北秋田市浦田出身の田崎里花子さん(21)=東京女子体育大4年、秋田北鷹高出=が日本代表の1人として出場する。種目は女子サーブル。「トップレベルの技術や戦術を学べる貴重な機会。ベスト16を目指す」と意気込む。

 田崎さんは5月の東京都シニア女子サーブル個人選手権で2位となるなどポイントを重ね、代表入りした。アジア選手権は昨年も出場を打診されたが、関東学生選手権(関カレ)と日程が重なったためチーム編成などの事情から断念。今回も関カレと重なったものの、「国際大会で自分の力を試し...    
<記事全文を読む>