2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、札幌市の秋元克広市長は21日、市役所で行った記者会見で、準備時間が限られていると強調した上で、「30日以降の国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会でいち早く方向性を出していただきたい」と要望した。

 市と道は18日、東京五輪マラソンの受け入れ態勢などを協議する実務者連絡会議を設け、組織委に積極的に協力する方針で一致。市と道は同日、組織委の武藤敏郎事務総長に文書で、マラソンと競歩会場の札幌移転は正式決定か、30日からの調整委員会で決まるのか―などを照会した。

...    
<記事全文を読む>