水球の第10回アジアエージグループ選手権が9月末、インドで開かれ、17歳以下日本代表が男女そろって全勝優勝した。男子チームは代表メンバー13人中、三重県四日市中央工高3年の2人が名を連ねた。畑翔太郎(17)と山田凪航(17)の2選手で、ともに誕生日が2月の早生まれ。年代別代表入りは初めてで「いい経験になった」と喜んでいる。

畑選手は身長170センチの小柄だが、左利きと力強い突破が武器のゴールゲッター。アジア選手権は全6戦に先発出場し、中国戦で日本チーム内2位の5得点をマークした。

山田選手も身長174センチと決して大柄ではないが並外れたパワーの持ち主。アジア選手...    
<記事全文を読む>