卓球のTリーグは19日、沖縄県の宜野湾市立体育館で男子の1試合が行われ、4位の岡山リベッツは3位琉球に0―4で敗れた。5連敗で通算1勝6敗(勝ち点6)となり、順位は4位のまま。琉球は勝ち点4を加えて10に伸ばした。

 リベッツは第1試合のダブルスで上田・森薗が陣建安・李平のペアにストレート負けし、流れに乗れなかった。続く町は強烈なフォアなどで世界選手権銀メダルのカットマン、チュ・セヒョク(韓国)と競り合ったが、最終ゲームを8―11で落とした。後がなくなって登場した森薗は吉村に敗れ、吉田も粘りを見せたものの荘智淵に1―3で屈した。

 リベッツは次戦、11月23日に...    
<記事全文を読む>