ラグビー・ワールドカップ(W杯)準々決勝の20日、日本は南アフリカと対戦する。横浜市中区のバー「ラグビーダイナーセブンオウス」の加藤丈司さん(49)は、南アを応援すると決めた。その訳は、店内に大切にしまわれた1枚の国旗にある。

 「これは家宝です」と、加藤さんは「虹の旗」を広げた。アパルトヘイト(人種隔離)政策撤廃後の1994年に一新された南アのカラフルな国旗は、国民の多様性からそう呼ばれる。9月に心臓発作で急逝した元南ア代表、チェスター・ウィリアムズさん(享年49)の形見だった。

 チェスターさんは自国初開催の95年W杯に、チーム唯一の黒人...    
<記事全文を読む>