開幕して1カ月になるラグビーW杯日本大会。自国開催の緊張の中でロシアに勝った日本代表は、続いて世界ランキング上位の強豪アイルランド、強靱な肉体と自由奔放な攻撃が武器のサモア、前回大会で大きく立ちふさがったスコットランドの猛威を、団結力すさまじく跳ね返してきた。

 日本ラグビーの歴史は1874年、横浜での試合が始まりだという。その2年後には神戸でも試合が行われ、以降、無数の選手がパスをつなぎ、スクラムを組んできた。

 長く見上げ続けた高い壁を乗り越え、到達した未知の世界。20日、史上初の決勝トーナメントに進んだ日本代表は、南アフリカ(スプリングボクス)と対戦する。...    
<記事全文を読む>