九州で唯一、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝2試合が行われる大分市。イングランド対オーストラリア戦があった19日、街はそれぞれのチームカラーの緑や黄色、白のジャージーを着た外国人客であふれかえった。

 JR大分駅近くのファンゾーンは午前中から外国人客でごった返し、ビール片手にラグビー談議。英国人のマシュー・キーンさん(58)は1次リーグの観戦で札幌、横浜、神戸と日本を縦断し、「それぞれの街が美しく、大分は自然が豊かで気に入った」。オーストラリア人のミシェル・カーティンさん(28)は「温泉はにおいが独特だけど、肌がすべすべになって良かった。また来たい」と真っ赤...    
<記事全文を読む>