【新ひだか】京都競馬場で20日に行われる中央競馬の第80回菊花賞(3千メートル芝18頭、GI)に、体重が通常馬より100キロ以上軽い3歳牝馬メロディーレーンの出場が決まり、ファンの関心を集めている。日本中央競馬会(JRA)の最少体重優勝記録を持ち、牝馬による同賞挑戦は10年ぶり。日高管内新ひだか町の岡田スタッドの生産馬で、地元の期待も高まっている。

■通常馬より100キロ軽く 長距離得意

 「ちっちゃくてかわいい」「全力で応援したい」。三冠レースの一つ、菊花賞の出走馬が17日に発表されると、インターネット上では書き込みが相次いだ。

 レースに出る競走...    
<記事全文を読む>