W杯日本大会第21日は19日、東京・味の素スタジアムなどで準々決勝2試合が行われ、3連覇を狙う世界ランキング1位のニュージーランドと、4大会ぶり2度目の優勝を狙う同3位のイングランドが4強入りした。両チームは準決勝(26日・日産スタジアム)で対戦する。

 ニュージーランドは世界4位のアイルランドから7トライを奪い、46-14で快勝した。SHのA・スミスが2トライを挙げるなど前半を22-0で折り返すと、後半も攻撃の手を緩めず攻守に圧倒した。

 イングランドは世界6位で前回準優勝のオーストラリアを40-16で下し、2007年以来となる3大会ぶりの4強入り。前半で17...    
<記事全文を読む>