車いすラグビーの世界ランキング上位6チームなどが参加する国際大会のワールドチャレンジ第4日は19日、東京体育館で準決勝が行われ、世界2位の日本は同1位で前回リオデジャネイロ・パラリンピック覇者のオーストラリアに56-57で競り負け、20日の3位決定戦に回った。世界4位の英国と対戦する。

 日本は主将の池(日興アセットマネジメント)とエースの池崎(三菱商事)を中心に攻撃。2点を追う第3ピリオド終了間際に40-40と追いついたが最終ピリオドの立ち上がりで再び2連続失点し、その後は差を詰め切れなかった。

◆「準備不足」1点差に涙<...    
<記事全文を読む>