ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、初めて8強入りした日本代表は20日、東京都調布市の味の素スタジアムで、さらに上を目指して南アフリカ戦に挑む。トライを期待されるのが福岡堅樹選手(27)=パナソニック。「トライが取れているのは味方が良いボールをつないでくれるから。トライを取って自分の仕事をしたい」。今回が最後のW杯と決めている点取り屋がピッチを駆ける。

 (平井良信)

 50メートル5秒8の快足を生かしてインゴールへ飛び込んだ。準々決勝進出を決めたスコットランド戦で2トライを挙げた福岡選手。仲間と抱き合って笑う口には赤、白、青の3色のマウスピースがのぞいていた。

...    
<記事全文を読む>