札幌市は、20日午後7時15分から札幌ドーム(札幌市豊平区)で行われるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会決勝トーナメント準々決勝、日本―南アフリカ戦のパブリックビューイング(PV)の開場時間を午後5時に変更した。

 当初は午後6時開場予定だったが、混雑緩和のため早めた。ドーム内2カ所の大型ビジョンで試合を放映し、スタンドから観戦できる。飲食物の持ち込みはできないが売店でアルコールを含めた飲食物を販売する。

 入場無料。敷地内の有料駐車場(500円)を午後3時半から利用することができる。(柳沢郷介)

...    
<記事全文を読む>