アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズは19、20の両日、帯広の森アイスアリーナで、サハリン(ロシア)との2連戦に挑む。日本製紙時代から続く私設応援団「つるっ子マニア」の代表を7月から務める宇野和哉さん(48)=幕別町在住=は「子どもたちに夢を与える存在であり続けてほしい」と期待を込め、ファンの最前線に立って声援を送り続ける。

 釧路市出身の宇野さんは35歳でアイスホッケーと関わり始めた。知人が指導する清水町の社会人チームに誘われ、ルールの勉強のために釧路でクレインズの試合を観戦したのがきっかけだった。

 選手同士のぶつかり合う音、スピーディーな試合...    
<記事全文を読む>