【中部】日本代表の快進撃でラグビーワールドカップ(W杯)日本大会がますます盛り上がりを見せる中、県内では数少ない7人制の女子ラグビークラブ「琉球アイランドガールズ」の活動も加速している。メンバーは約10人、ほとんどが初心者で、今春から本島中南部で週1回集まり汗を流している。「一度体験すれば楽しさが分かる」と口をそろえるメンバーたち。県内の競技人口が増え、試合や大会ができるようになるのが夢だ。

 県内で女子ラグビーを普及・活性化させようと、クラブ代表でコーチも務める林拓司さん(42)が2017年に立ち上げた。当初はメンバーがなかなか集まらず定期的な練習ができなかった...    
<記事全文を読む>