2020年東京五輪のカヌー・スラローム日本代表を決める最終選考会が18日から3日間、東京都江戸川区のカヌースラロームセンターで行われる。秋田県関係は、カナディアンシングル(C―1)に女子の佐藤彩乃(秋田病理組織細胞診研究センター)、男子の佐々木将汰(万六建設)がエントリー。男女各1の出場枠を巡る争いが最終局面を迎える。

 東京五輪のスラロームで実施するのはカナディアンとカヤックの男女それぞれ1人乗り。開催国の日本には各種目の出場枠が一つずつ割り当てられている。代表は、6~9月の国際大会(ワールドカップ2戦、世界選手権)3戦のうち獲得ポイントの高い2戦と、最終選考会...    
<記事全文を読む>