室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の3選手が、第31回北海道空手交流試合(8月・札幌)、第12回道南実戦空手道選手権大会(8月・北斗市)で上位入賞する活躍を見せた。

 阿部りな(高砂小3年)は同交流試合小3女子で優勝。決勝で練習を重ねた横蹴りを使って優勢を保ち、5―0で判定勝ちした。入門から1年2カ月での優勝は道場の最短記録。この勝利で11月に東京・代々木競技場で行われる国内有数の大会、JKJO全日本ジュニア選手権の出場権を獲得した。「スタミナをつけて優勝を目指す」と意気込む。

 同選手権一般の部では、樋口和真(室蘭東翔高...    
<記事全文を読む>