166センチの小さな体に詰め込んだ大きな「夢」をかなえた。熊本・荒尾高(現岱志高)出身のSH流大(ながれゆたか)選手(27)は抜群の統率力で、大一番に臨んだチームをまとめた。スコットランド戦も先発出場。テンポの速い攻撃を演出して4連勝を呼び込んだ。「リーダーになりたいと思ったことはない」。そう照れるが、中学から高校、大学、社会人と全てで主将。若手主体の日本代表で臨んだ2年前のアジア選手権では代表初出場でキャプテンを任され、昨季のスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズでは共同主将も経験した。「僕のラグビー人生の基盤は高校時代」。恩師の徳井清明監督(52)との出会いが天性のリーダー資質...    
<記事全文を読む>