ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で第20日の13日、日本代表は横浜・日産スタジアムで、1次リーグA組最終戦でスコットランドを28-21で退け、悲願の決勝トーナメント進出を果たした。歴史的な3勝を挙げた2015年の前回大会に続き、日本のラグビー史を塗り替える快挙を達成した。

 日本は前半にWTB松島らが3トライを挙げて試合を優位に進めると、後半もWTB福岡がこの日2本目となるトライを挙げて勝ち点のボーナス点1を確保。その後はスコットランドの猛攻をしのいで逃げ切った。開幕戦から無傷の4連勝で勝ち点は19になり、A組の首位で1次リーグを突破。20日に準々決勝でB組2位の南...    
<記事全文を読む>