8月の柔道世界選手権を制した男子73キロ級の大野将平(27)=旭化成=と同66キロ級の丸山城志郎(26)=ミキハウス=が13日、奈良県天理市内で開かれた優勝祝賀会に出席し、母校の天理大の関係者ら約700人の前で東京五輪に向けた決意を語った。

 丸山は阿部一二三(日体大)との準決勝で右膝を痛めながらもライバルを破って初優勝。オール一本勝ちで圧倒的な強さを示した大野だったが、「話題性では完全に(丸山に)負けた。課題の残る世界選手権だった」と笑いを誘い、「本番は東京五輪。圧倒的な存在から、絶対的な存在になれるよう努力したい」と五輪2連覇を誓った。膝のけがが回復し、乱取り稽古を再開...    
<記事全文を読む>