総務大臣賞争奪第18回お通杯宮本武蔵顕彰女子剣道大会(美作市主催、山陽新聞社後援、トヨタカローラ岡山特別協賛)が13日、美作市の武蔵武道館で開かれた。岡山勢は団体(3人制)の合計年齢101歳以上で活人会が2年ぶり5度目の優勝、個人は30~39歳で小津野祐佳(活人会)が2年ぶり3度目、40~49歳で稲垣恵理(同)が3年ぶり5度目の頂点に立った。

 学生を除く18歳以上が対象で、岡山県内外のほか、ベトナム、カナダ、スイスなどから団体に約140チーム、個人に約440人が出場。台風19号の影響で約30チームの約100人が参加できなかった。

 団体は合...    
<記事全文を読む>