アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズ(釧路市)が、女子アイスホッケーのクラブチーム「帯広レディース」(帯広市)と業務提携する。両者は20日、帯広市内で提携に関する契約書を交わし、帯広レディースは「帯広クレインズレディース」と改称して新たなスタートを切る。

 ひがし北海道クレインズ合同会社(釧路市)によると、提携はクレインズが新たな拠点としたい帯広での知名度向上とジュニア層の競技人口拡大が狙い。クレインズの帯広開催試合で、帯広レディースの選手がスタッフとして加わり、グッズ販売や会場運営などを手伝う。クレインズの選手は十勝管内で活動する女子チームを指導するなど、競...    
<記事全文を読む>