ラグビーワールドカップ(W杯)での日本代表の活躍を受け、九州各地でもラグビー人気が高まっている。スポーツ用品店では代表ジャージーなどの品薄状態が続き、関連書籍などの販売も好調。少年チームへの体験入部希望も急増中だ。桜の戦士たちが熱い戦いを見せるごとに、ブームも熱を帯びている。

 「申し訳ない。代表ジャージーは完売なんです」

 九州では珍しいラグビー専門ショップ「トリコロール福岡店」(福岡市博多区)。11日、ショップリーダーの林田洸嗣さんは丁寧に受話器を置いた。9月以降、500枚以上のジャージーを販売したが、日本代表が勝利するごとに問い合わせは増え、「外国人も日本...    
<記事全文を読む>