ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、史上初の8強入りを懸けて13日にスコットランドとの1次リーグA組最終戦(横浜・日産スタジアム)に臨む日本代表。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)(49)の精神的支柱となっているのは、現役時代から20年以上の交流がある日本ラグビー協会の藤井雄一郎強化委員長(50)だ。

 西日本社会人の下部リーグ時代のサニックス(現宗像サニックス)で1999年から2シーズン共にプレーした。FWとバックスながら「不思議とウマが合った」と藤井強化委員長。ジョセフHCがスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの指揮も執った昨季はゼネラルマネジャー...    
<記事全文を読む>