福岡市博多区のレベルファイブスタジアムで12日にあったラグビーW杯のアイルランド-サモア戦は、福岡会場での最終戦とあって大勢の人たちが詰め掛け、会場は大きく盛り上がった。

 目立ったのは、強豪アイルランドの緑色のジャージーをまとったファンの大声援。福岡市博多区の会社員西村麻希さん(28)は「雰囲気に圧倒される」。長崎県佐世保市の会社員久保達朗さん(33)も「彼らの試合を目の当たりにできて感激」と目を輝かせた。

 両チームと日本は同じA組。アイルランドの快勝で日本の8強入りは、13日のスコットランドとの直接対決に持ち込まれた。大阪市の会社員三原順司さん(57)は「...    
<記事全文を読む>