ラグビーワールドカップ(W杯)で、日本代表が大躍進し、日本中が盛り上がっています。W杯開催までの道のり、日本代表の強さを支える多様性、出場チームや海外メディアに評価される理由について調べてみました。(西竹唯太朗)

■故平尾誠二さんら県内関係者尽力

 アジア初のラグビーW杯日本大会実現は挫折と努力の道のりでした。日本代表は1995年W杯でニュージーランドに145点を取られ大敗。競技人口が減少する中、日本ラグビー協会は人気回復の取り組みを重ね、2003年、11年W杯の日本招致に乗り出しました。05年、開催地を決める国際ラグビーボード(IRB/現ラグビーワールド)理事...    
<記事全文を読む>