ニュージーランド(NZ)のワイヌイオマタ高校のラグビー部員が十一日、柏市を訪れ、市内の小学生らと交流した。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場しているNZ代表が同市で九月に事前キャンプをしたことが縁となり、親睦の輪が広がった。

 高校生二十二人と引率の教員ら七人は、W杯の同国代表の観戦などで来日中。柏市ラグビー協会を介して「NZ代表が世話になった柏に立ち寄りたい」と打診があったため、市が受け入れることにしたという。

 生徒らが訪ねたのは、大津ケ丘第一、土の両市立小学校。大津ケ丘第一では三~六年生の約二百人に大きな拍手で出迎えられた。交流会場となった体育館...    
<記事全文を読む>