児童に海外への興味を持ってもらおうと、和光市は9日、ラグビーワールドカップ(W杯)の日本対スコットランド戦(13日)を控え、市内の小中学校全13校で、スコットランドの家庭料理を給食で提供した。同大会の開幕戦で日本と対戦したロシアのボルシチなどに続いて2回目。

 市立北原小学校(藤律之校長、児童数463人)では、ひき肉をマッシュポテトで包みオーブンで焼いた「シェパードパイ」と、鶏肉と野菜、押し麦を煮込んだシンプルなスープ「スコッチブロス」を提供。いずれも家庭の食卓に上る伝統的な料理。

 6年生の畑花楓(はたかえで)さん(12)は「スープに入れた麦を食べるのは初めてだったので食感...    
<記事全文を読む>