ソフトボール女子の日本リーグ2部順位決定節第1日は12日、北九州市のひびきコスモス運動場で7試合を行い、アドバンスセクション1位の大垣ミナモSCは3-2でホープセクション1位の日本精工(滋賀)に競り勝ち、勝てば1部に自動昇格できる13日の1位決定戦に進んだ。

 大垣ミナモは二回、和島野乃香(イビデン)の2点三塁打で先制し、平川穂波(西濃運輸)の中前打で加点。先発エレン・ロバーツ(西濃運輸)は走者を出しながらも、力強い直球と変化球を投げ分け、逃げ切った。

 1位決定戦は13日午後1時30分から同運動場で行われ、日本精工と大和電機工業(長野)の勝者と戦う。勝てば1部...    
<記事全文を読む>