スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)前半戦の代表選考会を兼ねた第30回全日本距離別選手権第1日は12日、南佐久郡南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで行い、男子500メートルは菊池耕太(恵仁会・小海高出)が41秒411で初優勝した。林伊吹(地球環境高)が3位に入った。

 女子500メートルは菊池純礼(富士急・小海高出)が44秒166で2連覇し、神長汐音(全日空商事・小海高出)が0秒008秒差で2位。女子1500メートルは平井亜実(中京大)が2分30秒566で初優勝し、神長が2位、小池佑奈(中京大・岡谷南高出)が3位に入った。男子1500メート...    
<記事全文を読む>